美容外科・美容皮膚科 | 海老名メディカルサポートクリニック

お気軽にお問い合わせください

診療メニュー一覧

  1. HOME
  2. 診療メニュー一覧
  3. ボトックス注射

ボトックス注射とは

「ボトックス」は、Clostridium Botulinumという細菌が産生するボツリヌス毒素タイプA(「ボトックス」)を精製し、治療目的で使用できるようにしたものです。 ボトックスが注入されると、神経から筋肉への伝達がブロックされて、筋肉が麻痺します。 この結果、筋肉の収縮により生じるシワを目立たなくすることができます。 ボトックス注射は、典型的には、目を大きく開いたときの額のシワ、しかめつらをしたときの眉間のシワ、微笑んだときの目尻のシワなどに対して用いられます。 ボトックス注射は、これらの「表情に伴ってできる」シワに対して効果的ですが、何もしないでもできているシワに対しては効果がなく、 このようなシワに対しては、ヒアルロン酸注射が効果的です。

また、汗腺を支配する神経の伝達を抑制することにより、ワキガ(腋臭症)や多汗症を治療したり、咬む筋肉を萎縮させることでエラの張ったアゴを小さくする治療など、様々な治療に用いられます。

ボトックス注射後は、その日のうちから通常通り洗顔・メイクなどが可能で、特別なお手入れは必要ありません。 注射部位に皮下出血を生じることはありますが、これは通常、数日で消退します。 その他、頻度は少ないですが、目のまわりのトラブルや、アレルギーなどの合併症を生じる可能性はあります。医師とよく相談した上で治療をお受け下さい。

ボトックスの効果は一時的で、治療効果は通常、数か月から半年程度持続します。 ボトックスの効果が一時的であることは、繰り返しの治療が必要となる反面、「やり直しがきく」というメリットがあるともいえます。

※重度の腋窩多汗症と医師が判断した場合は、保険が適応になります。

ボトックス注射の症例

38歳女性

注射前
注射前
目を大きく見開いて眉を上げて額に横ジワを寄せたところ。
注射1週間後
注射1週間後
思い切り目を見開いて眉を上げても額に横ジワが寄らなくなりました。

お気軽にお問い合わせください

ページトップへ